沿革
1953年 武蔵野市吉祥寺に300坪の敷地を定める

東京・文京区の教会の牧師をしていた笠利尚と妻・睦(現在の和彦園長の両親)は、長年温めていた幼稚園を創る思いを松本望(睦の兄)に相談したところ賛同を得、経済的援助をしてもらえることになりました。
どの地に幼稚園を創ろうか、いろいろな書物を読みながら考えるうちに、一冊の本に出会いました。
都市は西方向に発展するという考えに共感し、大きな地図を広げ、候補地をあげながら実際自分の足で歩き、ようやく武蔵野に地を定めました。

1954年 武蔵野中央幼稚園開園 設置者、園長 笠利尚
麦畑の真ん中に、ホールと保育室3つの木造園舎が建ち、3,4,5歳児60名を迎えました。
1963年 100坪の園庭を増設
1966年 さらに200坪の土地を購入し、園舎を増築
1970年 学校法人松本学園設立認可

現園舎を新築
開園後10数年、入園児が増え続け、園舎の増築、土地の拡大を相次いで行い、松本望の大きな支援を受けて、木造の継ぎ足し園舎を全面的に建て直し、1970年には鉄筋コンクリート建の新園舎が完成しました。
新たに増えた下庭300坪には20数本のイチョウの大樹があります。
個人立から法人立に組織を改め、たくさんの経済的援助を受けた松本望(パイオニア創業者)の名をとって、「学校法人松本学園」と命名しました。

1977年 武蔵野中央第二幼稚園開園 園長 笠利和彦
中央幼稚園の北側に、4,5歳児7クラス、園児200名を迎えました。
1987年 武蔵野中央第二幼稚園 3歳児保育開始
2001年 笠利尚、学園長に就任。笠利和彦、両園園長兼務
2005年 第二幼稚園西側に300坪のグラウンド完成
園創立者、笠利尚学園長召天。
2014年 園創立者、笠利尚学園長夫人 睦 召天。

※学校法人松本学園は、当園2園と町田市にあるさふらん幼稚園の3園からなり、理事長は、パイオニア(株)元相談役、松本冠也が務める。
2017年 笠利和彦、学園長に就任。
伊藤和子、両園園長に就任。